2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2014年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2014年9月

2014年9月22日 (月)

老いの現実

 帰郷後、実家の近くに家を探すまでの1ヵ月半ほどを実家に厄介になった。 この間に母の老いの現実の姿や、高齢者の生活の実態が垣間見えた気がして色々考えさせられる日々である。

 母はこれと言った趣味も無く、人生を楽しんでいる人では無いが、特別なことはせずとも、せめて共にラジオを聞き、草花を愛で、野鳥の声に耳を傾け、月を眺める、そんな何でも無い様な日常の中にささやかな喜びを見つけて共有し合おうと考えていた。 しかし、それは甘い考えでした。 

 白内障で視力の衰えた目は、不快感と物を見るのが困難な様で、汚い物も見えない代わりに美しい物も見えにくい。 耳元で大声で話さなくてはしっかり聴き取れない耳には、優しい小鳥の囀りは届く筈もなく、ラジオも音としての認識はあっても言葉としての認識はしにくい。 それ以前に関心がなさそうである。 また衰えた肉体は体中のあちこちに痛みを訴え、特に足のふらつきや足腰の傷みが辛いらしく、絶えず顔をゆがめて 「あいたー、あいたー」 と嘆いている。
 そんな母の苦痛に歪んだ表情を見ていると切ないものを覚える。 何とか少しでも穏やかな表情にしてあげたいと思っても、当の本人が何にも興味を示さない。 本人の意識が一番大事なのだが……。 

 母の姿は数十年後の自分の姿である。 人はなかなか目先のことしか考えられないのが常であるが、将来の老いを見つめつつ、今何をして、どう生くべきか、考える日々である。

2014年9月18日 (木)

「ただいま~」 

 長い長いお休みから漸くココログに戻ってまいりました。 ほんのちょっとお休みしたつもりが、季節は新緑の初夏からいつの間にか烏瓜が色づき初める季節になってしまいました。 半年が過ぎてしまったなんて信じられません。 ともかく色んな事が慌ただしく過ぎた忙しい日々でした。 何が忙しいかと言えば “心” が一番急がしかったかも知れません。

 あぁ~、何から書けばいいのか……。 ネタは有るには有るけれど、現実的なネタになりそうで(笑)。 
 余り現実的になり過ぎず、さりとて浮き過ぎず、面白い出来ごと(有るかなー?)、可愛らしい草花や虫たちの事、そして時には高齢化社会が抱える田舎の問題なども、ちょこっと織り混ぜつつ、ゆっくりと書いていきます。

« 2014年3月 | トップページ | 2019年5月 »

  

  • 大人の塗り絵 「花鳥風月」
  • 電子辞書
    数冊の俳句歳時記搭載、ペンタンチで手書き検索が便利。音声で野鳥の声、漢詩なども聞ける。
  • Kindle ブックリーダ お手頃価格
  • ビジネス書・IT・専門書等の買取

バーツ

無料ブログはココログ