2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« レトロなボロ家の思い出 | トップページ | 宝の持ち腐れ »

2013年12月23日 (月)

床下の侵入者

 やはり昭和40年代のボロ家での、ちょっとしたミステリーな珍騒動の思い出を一つ。
 ある冬の夕刻、正確な時間は記憶していませんが、まだ7時にはなっていなかったと思う。母は台所にいて、私と妹はテレビを見ていた。すると縁側の方から、
 「ウゥ~、ウゥ~。 ゲッ、ゲッ」
と、低い不気味な声が聞こえてきた。私と妹は互いに顔を見合わせて
 「今、何か変な声がしたよねぇ」 「うん、聞こえた」 
私はそーっと破れ障子を開けて、耳をそばだてて縁側の様子を窺った。 するとまた、「ウゥ~、ウゥ~」 ガサッ、ゴソッと縁の下から断続的に聞こえてくる。 音の位置を確認して、妹に小声で、 「ココ、此処の下から聞こえる」 と言って、縁側に立っていると、私の立っている丁度足元の真下の床板が、下からグッと押し上げる様に、フワッと軋んで浮き上がった。
 「ワッ、ワ~、床が動いた」
私は慌てて飛びのいた。 その何とも不気味な足元の感覚。今でも思い出すことが出来る。
 間違いなく何者かがいる。 私はきっと酔っぱらいが嘔吐しているのでは? と推測した。 母に、「お母さん、縁の下に誰かおる。 見てこよう。」と言って二人で様子を窺いに外に出た。 母は懐中電灯を捜したが見つからず、私は用心のために棒切れを持ち、声のした縁の下を除き込んだ。 縁の下には、お風呂を沸かすための練炭や薪木が収納してある。 田舎の冬の夜は真っ暗で中はまるっきり見えない。 しかし何かいる気配は感じる。
 縁の下に向かって母が 「そこにおっとは、だいね(誰ね)」 と声を掛けたが返事は無い。
 程無くして車が近づいてきたので、車を止めて事情を話し、車のライトで縁の下を照らしてもらった。 すると、車のおじさんが
 「うんにゃ、こりゃ、ふっとか犬が」
何と、そこには、実に大きな真っ黒い犬が。
 「わー、ふっとか~」 と驚き、かつ笑いながら、ホッと胸をなでおろして家の中に入りました。
 犬の方もきっと怖かったのでしょう。怯えた様な目でこちらをジッと見つめていました。 具合でも悪かったのだろうか。
 翌朝見た時には既に居なくなっていました。 ある冬の夜の珍事件でした。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

« レトロなボロ家の思い出 | トップページ | 宝の持ち腐れ »

古き良き時代の想い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 床下の侵入者:

« レトロなボロ家の思い出 | トップページ | 宝の持ち腐れ »

  

  • 大人の塗り絵 「花鳥風月」
  • 電子辞書
    数冊の俳句歳時記搭載、ペンタンチで手書き検索が便利。音声で野鳥の声、漢詩なども聞ける。
  • Kindle ブックリーダ お手頃価格
  • ビジネス書・IT・専門書等の買取

バーツ

無料ブログはココログ