2020年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

咲き満つる菊花の道を通りけり

どこを歩いても菊の花が美しい時季ですね。散歩の道すがらあちこちに綺麗な菊を見かけます。近所の道端の可愛らしい小菊が、黄色も鮮やかに、もこもこと一塊となって見事に花を咲かせました。


Kiku02

2013年10月28日 (月)

ホトケノザが咲いていました

 台風も過ぎ去り、昨日・今日は一転して心地よい秋日和でした。
 さて、何処を歩こうか。もう殆ど近隣は歩きつくし、やや飽き気味ではありますが、結局のところ、近隣のいつも同じ様な場所を歩くしかなく、昨日は、約1万歩ほど歩いてきました。

 ところで、あちこち歩きながら草花を見ていると、近年どうも季節感が今一はっきりしません。先日、山ツツジが咲いている記事を書きましたが、今度は菊の花が咲いている傍で(まだ固い蕾ですが)、ホトケノ座が咲いているのを見つけました。それも結構沢山咲いている。
 先週でしたか、ラジオを聞いていたら、桜の花と向日葵が咲いていて、季節がいつなのかさっばりわからなくなりましたとの投稿記事を紹介していました。本当にそうですね。昔からそうなのか、それとも現代が可笑しいのか……。

Hotoke00

2013年10月24日 (木)

私の中のそっくりさん

 どうでもいいことなんですが、だいぶ以前から気になっていたお二方、 ブッシュさんと小泉純一郎さん。お猿さん系?
 私にはどうしても、小泉さんはマントヒヒに、ブッシュさんは日本猿に見えるんです(笑)。 最も、冷静に見れば小泉さんはヘアスタイル、ブッシュさんはお酒を飲んだ様な赤いお顔、それだけなんですが、一度脳にすり込まれると、もうそうとしか見えない……。 私だけ?

          写真はネットより拝借

Saru01   
Bush_2
     

HihiKoizumi01    

 

 

 

 

2013年10月20日 (日)

「台風よとまれ~~ッ!」

27号がまたまた、26号と同じ様なコースを辿っているとか……。
「雨よ、風よ、もう、いいでしょう。いいかげん静まれー」
テレビの天気図を見ながら念力をかけています。
私の念力では効果が期待できませんので、皆さん一緒に念力で止めましょう。

2013年10月14日 (月)

川越道緑地古民家園

 この3連休の東京は好天に恵まれ、少し気温が暑めではあったけれど、行楽日和でした。残念ながら仕事を抱え込んでおり余り遠出は出来ない。でも、秋晴れの好天に家にいるなんて勿体なくて何となく心が落ち着かないので、とりあえず安近短で済ますことに。
 昨日は花小金井公園を少しばかり歩き、今日は「川越道緑地古民家園」(住所:立川市幸町4-65、電話:042-525-0860) というところに行ってきた。比較的近くの玉川上水道は何度も歩いているのに今まで全然気づかなかった。
 緑地は本当に小さな緑地ですが、古民家園と接している。古民家も建物は藁ぶき屋根の農家の小林家1棟だけ。しかし、ここはかなりの豪農のだったらしく、家も広く、技術、材質も高く、武家屋敷に匹敵する造りだそうです。トイレも客用、住人用、男性用と3つもあり、客間も上級客をもてなす“オク”の間がある。庭には竹林があり、暫らく縁側に腰掛けて庭を見ていたら、何だかとても気分が落ち着き、いつまでもずっとこのまま居たい様な離れがたい気持ちになりました(笑)。
 因みに月曜日は閉館ですが、祝祭日は開館しているとのこと。

Kmin00

Kmin01
Kmin02

いろり: 男座(おとこざ)、母座(かかざ)って、場所が決まってるのね

Kmin03

オフロ。盥があるだけだったけど、そう言えばお湯はどこから?

Kmin04

客用トイレ

2013年10月11日 (金)

「ああ~勘違い」 山つつじ

 昨日のNHKニュースで、余りの暖かさに(というより暑いですね)、春と勘違いしたのか山桜が咲いたと報じていました。
 で、もしや近所の緑地でも咲いてはいまいかと微かな期待を寄せて早速行ってみましたが、残念ながら山桜は咲いていませんでした。でも、なんと山つつじが迎えてくれましたよ。やはり春と勘違いしたんでしょうか。
 そう言えば、今朝はシジュウカラとコジュケイが鳴いているのを聞きました。この野鳥も確か春から夏の鳥ではなかったかしら。 私ももう季節が分からなくなりました。 人間が危ういのですから、野鳥や植物だって勘違いもしますね

Yamatutuzi_251011

2013年10月 7日 (月)

だっきしょ豆(落花生)の塩ゆでが美味しい! 

 ラジオを聞いていると、秋の植物や味覚の話題が多くなりましたね。
 我が家にも実家の母より地元特産の落花生(だっきしょ豆)が届きました。千葉や茨城ほど有名で無いのが残念ですが。
 落花生の食べ方はやはり煎ったものが定番なのでしょうか。我が家では子供の頃から殻つきのまま塩茹でしたのが定番でした。殻の中にちょっぴり塩っけのある水分がたまって、殻を割る時にチュッチュッと吸って食べるのが大好きで(笑)。ずっと大人になっもこれが当たり前だと思ってました。
 ところが、大分以前の話ですが、千葉出身の友人に塩ゆでの落花生の話をしたら「知らない」と言う。それじゃってことで「とっても美味しいから食べてみて」と試食して貰ったら、なんと「複雑な味」らしい。残念ながら友人の口には合わなかった。塩茹でが定番で無いことを初めて知った瞬間でした。やはり食べ慣れないものは駄目なんですかね。見た目的には殻が少し黒くなって余り美味しそうに見えないですけど、美味しいですよ~。
 母は生の落花生を一晩水につけるらしいですが、我が家では綺麗に洗ってそのまま塩茹でします。個人的には少し多めの塩味が好きですが、健康の為には塩分控えめの方がいいですね。ゆで上がってから暫らく時間がたつと塩分が沁みこんで美味しいです。 後は冷凍保存して食べたい分量ずつ解凍して食べています。
 興味のある方はお試しあれ。
 私にとって落花生と言えば、いつも運動会のお昼休みのお弁当に入っていたので、梨とともに運動会の思い出と重なるものの一つでもあります。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

  

  • 大人の塗り絵 「花鳥風月」
  • 電子辞書
    数冊の俳句歳時記搭載、ペンタンチで手書き検索が便利。音声で野鳥の声、漢詩なども聞ける。
  • Kindle ブックリーダ お手頃価格
  • ビジネス書・IT・専門書等の買取

バーツ

無料ブログはココログ